【特典】自力でKindle写真集を出版する簡単6ステップ

かわいいペットや旅行の思い出。撮りためた写真を電子書籍で出版するなんて夢のようですね。

でも夢ではありません。いまや誰もが写真集を出版できるのです。しかも無料で!

今回はこれまで10冊近く写真集を出版してきた方法を簡単に説明しますので、ぜひ実践してみてください!

 

step
1
Amazonアカウントを作る(所要時間:30分)

まずは、Amazon Kindleで出版するために、Amazonアカウントを取得する必要があります。無料で登録できますのでメールアドレスを用意してください。

すでにアカウントをお持ちであればこのステップは飛ばしてください。

Amazonアカウントを作成する → https://amzn.to/3lUD45n(トップページ)

新規登録はこちらをクリックして進めてください。

 
 
 

step
2
KDPアカウントを作る(所要時間:1〜2時間)


次にKindleDirectPublishing(KDP)のアカウントを作成します。KDPのアカウントがなければKindle出版はできません。

少々時間はかかりますが、出版に必要な項目を順番に入力していけば無料でアカウントを作成することができます。

KDPのアカウントを作成する → https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/

 
 
 

step
3
写真を用意・企画する(2時間)


写真集に載せたい写真を準備します。枚数は少なくとも20〜30枚はあった方が良いと思います。載せたい順番に並べるという企画も大切ですね。

枚数に制限はありませんが、書籍データ化した時に650MB以下のファイルサイズになるようにしてください。

あまりたくさんの写真を載せると写真集のファイルサイズが大きくなりダウンロードするのに時間がかかるデメリットがあります。

また写真はブレがなく明るく解像度が高いものが適しています。手間はかかりますが、お手持ちのソフトがあればお好みに合わせて調整してみてください。

 
 
 

step
4
電子書籍用にデータ化する(3時間)

Kindleで出版するには、データを電子書籍用のEpub形式、Mobi形式のファイルに変換する必要があります。

データ化する方法はいろいろありますが、写真集ならKindle Comic Creator(無料)をおすすめしています。

PowerPoint、Word、Pages、Keynote、InDesignなどのソフトを使って作り込む方もいらっしゃいます。レイアウトにこだわって作成することができますよ。

 
 
 

step
5
表紙を作る(2〜3時間)

写真集の顔となる表紙を作ります。表紙の出来上がり次第で印象がまったく変わってしまうので大切な要素になります。

表紙は自分でデザインする方もいらっしゃいますし、クラウドソーシングを利用して専門家に依頼することもできます(相場は5,000円〜10,000円)。

Kindleの表紙は縦横比が1.6対1になります。推奨されている縦2560px横1600pxのJpeg/Jpgファイルで作ってください。

 
 
 

step
6
出版手続き(2時間)


いよいよ出版です。

写真集(電子データ化したファイル)と表紙(Jpeg/Jpgファイル)をKDPアカウントにアップロードします。

同時にタイトル、著者名、カテゴリー、本の紹介文、価格などの詳細を順番に登録していきます。

出版の手続きを終えて審査が通れば、だいたい1〜2日以内に出版開始となります!

 
 

写真を見ながらあれこれ写真集のプランを立てるのはとても楽しいですよ。

 
 

私が運営しているバジリコブックスでは、写真集の出版をお手伝いするサービスを提供させていただています。お気軽にお問い合わせください♪

ココナラにもサービスを出品開始しました!!